無担保で銀行から借入する方法とは?

昔は銀行で借入すると言えば、担保を用意するのが当たり前のようになっていたようですが、今では担保がなくても銀行での借入が可能な無担保ローンが利用できるようになっています。

 

もっとも住宅購入の際に組む住宅ローンや車の購入で必要となるカーローンなどは無担保借入とは言わず、「担保借入」と言います。

 

担保を必要としない無担保借入は、銀行や消費者金融などで利用可能であり、今日申込みして今日中に借りることも可能なカードローンやキャッシングが特に人気となっているんです。

 

銀行の無担保借入で今日中にお金を借りる!

何と言っても低金利であることが魅力の銀行のカードローンであるために、銀行でお金を借りたいと考える人も多いでしょう。

 

銀行でお金を借りるには、どうしたらよいのでしょうか。
またどのような人が銀行から無担保借入ができるのでしょうか。

 

銀行の無担保ローンを利用するための条件とは?

銀行の無担保ローンを利用してお金を借りるには、以下のような一定の条件を全て満たす必要があるんです。

  • 年齢が20歳以上であり、65歳以下である(年齢の上限は銀行により異なります)
  • 安定かつ継続した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

 

また銀行によっては同銀行の普通預金口座が必要な場合もあり、普段その銀行と取引のない場合にはまず新規口座開設が必要になることもあります。

 

その一方では銀行の無担保借入ならば収入のない専業主婦でも申込みが可能であり、この点については大手の消費者金融には無いメリットと言えるんです。

 

銀行は消費者金融よりも便利なの?

低金利で借りられる無担保ローンが揃っていて、しかも消費者金融では利用不可となっている専業主婦の利用も可能であることから、「借りるならやっぱり銀行が一番!」と思う人もいるでしょう。

 

それでも必ずしも銀行は便利であり、消費者金融は不便とは言えません。専業主婦の人が利用するならば銀行に限られてしまいますが、それ以外の安定した収入があり、年齢の制限をクリアできる人ならば、消費者金融の方が便利な場合も多いのです。

 

消費者金融が便利な点には次のようなことが言えます。

  • 審査が迅速(最短で30分程度)
  • 土日の申込みにも対応(土日でも借入れ可能)
  • 即日融資も可能
  • 自動契約機の利用でその場でカード発行・借入れが可能
  • スマートフォンの専用アプリからも申込み可能

 

消費者金融は銀行よりも金利は高めですが、その代わりにサービスで対応しています。年収が高い人ほど消費者金融を利用しているという統計もあるようなので、それだけキャッシングサービスとしての魅力が大きいのだと思います。

 

無担保借入

ソーラーシステム導入資金は銀行の専用ローンを利用するのもあり

太陽光発電システムの導入には150万円ほどのお金が掛かります。補助金制度もありますが、自己資金で足りない場合は銀行のソーラーローンの利用ができます。 電気料金の値上げ、節電や電気に関する問題が起きる度に、太陽光発電に憧れる人も多いと思います。通常は電力会社からの送電に頼るしかない訳ですが、自宅の屋根で電気を作り出すソーラーシステムを導入する人も急増しています。 ソーラーシステムを導入することで、電気代が掛からないだけでなく、売電といって余剰の電気を電力会社に売り、毎月収入を得ることも可能になります。また個人の一戸建てだけでなく、企業でも事業の一環として太陽光発電を行っている会社も増えています。自己所有の土地だけでなく、ソーラーパネルを設置する為の用地として新たに購入を行い、発電した電気を売電しています。

太陽光発電をするための費用とは?

太陽光発電は既存の住宅の屋根にモジュールを設置することにより可能になります。また新築住宅でも、最近は初めから太陽光発電のシステムが整えられている住宅も多く販売されています。 購入する住宅に太陽光システムがあれば、特に設置の費用を気にすることもありませんが、新たにシステムを導入する場合には平均して1kwあたり385,000円が相場となっています。これだけでは足りないので普通は4kw分ほどの設置が必要となるので、150万円は掛かることになります。
〈ソーラーシステム費用の内訳〉
ソーラーシステムの設置には行政からの補助金制度を利用することができます。費用の内訳としては、太陽電池モジュール(20枚)で140万円ほど掛かり、費用の大半はこの部分に掛かることになります。その他は機械関係と設置の工事費となります。 ソーラーシステム導入には費用が掛かるのでマイナスになる部分は多いですが、記事冒頭のように電気代が浮く、売電による利益を得られるというメリットがあります。 例えば毎月1万円であった電気代が浮き、売電収入が5千円あれば、合計15,000円収入が増えたと言うことができますね。計算上はこのプラスにより10〜15年間で導入の費用をpayできると言われています。 ただしソーラーシステムは導入したらそれで終わりとはいきません。毎日使用し続けることで故障をする可能性もあるので、修理代は覚悟しておく必要があります。

導入費用の不足にソーラーローンを利用する

ソーラーシステム導入には補助金が出ますが、その金額の都道府県により差があるようです。そしてその金額では費用の全てをカバーできない為、お金が足りないという時には銀行などでの借入れが必要になります。銀行ではソーラーローンを金融商品としている所も多いです。 銀行でソーラーローンを利用できるのは、大手では三菱東京UFJ銀行の「リフォームローン」があります。もちろん無担保で借りれるかどうかはわかりませんが、その他の銀行でも同様の金利でソーラーローンが用意されています。2%台の金利であること、10〜15年間の支払い期間があることで、毎月の返済は発電によるお金で支払える可能性もありますね。また該当のローンがない銀行でもフリーローンを利用することで低金利で借入れができます。